2008/08Archive for

DVシェルター廃絶論−−ハウジング・ファーストからの挑戦

2008/08/30 土曜日 - 02:51:59 by macska

ドメスティック・バイオレンスを、私的な関係における私的なトラブルではなく、社会的な対策・介入を必要とする社会問題であることがはじめに主張されたのは、とくに英米両国における第二波フェミニズムの盛り上がりの中においてだった。当初は「バタード・ウーマン」(殴られた女性)という言葉で呼ばれていたそれが、広く社会問題として認知されるにつれ、より範囲の広い「ドメスティック・バイオレンス」(DV)という言葉が採用されるようになった。

某ファイトバックの会ブログ、南北朝時代に突入&賞味期限偽装(違)

2008/08/09 土曜日 - 22:36:24 by macska

以前から遠くで生暖かく見守っていた某「館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会」(ファイトバックの会)のブログがかなりヘンなことになっている。まぁ以前からヘンだったのはたしかなんだけど、今度なぜかそのブログが分裂した様子。おかげで、わたしもそれこそなんのことだか訳が分からないタイトルを付けてしまった。

北米社会哲学学会報告2/結婚制度、リベラリズム、中立原理の限界

2008/08/04 月曜日 - 21:09:33 by macska

前回に続き、北米社会哲学学会@ポートランド大学からの報告。今回取り上げるのは、「結婚」をテーマとした3つの発表。これぞ哲学という感じにイマヌエル・カントの倫理理論と結婚観を「メール・オーダー・ブライド」と比較しつつ批判した、Matthew Altman の発表と、リベラリズムにおける中立原理がどのような結婚制度を要請するかというElizabeth Brakeによる発表を紹介する。