2005/02Archive for

100年前に起きた「性別の自己決定」論の歴史的教訓

2005/02/28 月曜日 - 23:12:50 by macska

ニューヨーク大学で客員教授をしているオランダ人歴史学者、Geertje Mak 氏が GLQ(クィア理論系の学術誌)最新号(volume 11, issue 1)に載せた論文「”So we must go behind even what the microscope can reveal: The hermaphrodite’s “self” in medical discourse at the start of the twentieth century」を読む。

水原さんへお返事(映画「ミリオンダラー・ベイビー」ネタバレ)

2005/02/25 金曜日 - 15:09:17 by macska

先週このサイトに載せた「障害者運動と映画『ミリオンダラー・ベイビー』」について水原文人さんから受けた批判(というか、誤解もしくは言いがかりだとわたしは思うのだけれど)について、コメント欄での議論が長引いたので新たなエントリとしてまとめて回答することにします。

シンプソンズ「同性婚エピソード」の後味悪い大転回(注意:ネタバレ)

2005/02/21 月曜日 - 12:27:22 by macska

最近この手の話が増えてきているけど、tummygirlさんも紹介していた通り半年以上前から話題となっていた(大人向け)アニメ番組シンプソンズにおける「メインキャラクタの一人が同性愛者としてカミングアウトする」エピソードが昨日放映された…

障害者運動と映画「ミリオンダラー・ベイビー」(注意:ネタバレ全開)

2005/02/15 火曜日 - 21:38:08 by macska

映画評論家の町山智浩さんが日記で映画「ミリオンダラー・ベイビー」がテーマとするある社会的論争に関連して、「去年亡くなったハリウッド俳優の長年にわたる死闘」との関わりからアカデミー会員であるハリウッド業界人たちにとっては「投票しにくい」作品だろう、とコメントしている。