2009/01Archive for

一般化する「成長抑制」医療−−子ども1000人に一人が対象?

2009/01/28 水曜日 - 15:33:12 by macska

年末以来、書きたいネタはあるのにブログを更新できなかったのだけれど、これだけは重要なので書いておく。というのは、先週金曜日(1月23日)にシアトルのワシントン大学において開かれた、成長抑制療法についてのシンポジウムについての報告。成長抑制療法については、ワシントン大学(シアトル子ども病院)で行なわれたケース(アシュリー症例)がきっかけとなって2007年に大きな議論を巻き起こした経緯があり、わたしは当時同大学で開かれたシンポジウムにも参加したのだが、今回のシンポジウムでは、それ以来シアトル子ども病院が招集したワーキンググループで進めた議論について報告がなされた。