議会調査局「慰安婦」報告書について追記

4/27/2007 - 7:05 pm | このエントリーをブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | Tweet This

昨年、米国議会調査局がはじめて作成した「日本軍の慰安婦問題」報告を他のサイトにさきがけてわたしのブログで公開し、またその解説も書いた。その後、議会の支配権が共和党から民主党に移り、また日本でも安倍政権になってより過激な歴史修正主義的発言が聞かれるようになるなどこの問題がさらに注目を集める中、今月はじめには報告書の増強版が Japan Focus のサイトにおいて公開された。それに関連して、当ブログの昨年のエントリのコメント欄にある質問が書き込まれた。陰謀論が広まってしまうのは困るので、追記しておく。(だけど、「多くの人の目に触れて欲しいから」と、まったく話題違いのエントリに同じコメントをいくつも書き込むのはやめてね。トップで追記することで目立つようにしておくから。)

さて、その質問はこれ。

http://www.japanfocus.org/ のレポートは偽物? のコメント
2007/04/27 – 04:50:31

よく分からないので、質問いたします。
冒頭に、

『議会調査局は議員の委託を受けて外交問題はじめさまざまな問題について調査する公的シンクタンクですが、報告書は原則として公開文書であるにも関わらず、内容はおろかその目録すら一般市民が直接入手することはできないようになっています。』

とありますが、米国国務省のサイト内にある、

http://fpc.state.gov/fpc/c4763.htm
には「Congressional Research Service (CRS) Reports and Issue Briefs」が昔からあるのですが、これと米議会調査局レポートとは別物なのでしょうか?
インターネットアーカイブでも2003年頃から確認できるようですが、前述のサイトには1999年版からあるようです。

古森義久さんの記事自体が
http://www.japanfocus.org/
にあるpdfに基づくものだと思うのですが、
米国内の公的機関サイトでは「米国国務省」以外では「Congressional Research Service (CRS) Reports」を見つけることが出来ませんでした。

http://www.japanfocus.org/
は反日サイトなのでそのpdfすら本物なのか?と疑ってしまいました。

よしんば、これが本物であったとしても、冒頭のCRSレポートは目録すら入手できない、というのはよく分かりません。
「Congressional Research Service (CRS) Reports」とは「議会調査局(CRS)のレポート」だと思うのですが。

上から順に。

まず、議会調査局報告なら国務省サイト内に掲載されているじゃないか、という点についてだけど、それは議会調査局が作成した報告書のうち、国務省が公開しようと決めたものだけ公開しているのね。その証拠に、議会調査局は立法府のためにありとあらゆる問題についての報告を作成しているのに、そのサイトで公開されてあるレポートは外交・軍事・通商に関係するものばかりでしょ。ていうかそれ以前に、報告書の通し番号が飛んでるって気付いてよ。

つまり、わたしが書いた通り、議会調査局は報告書を公開したりしないし、その目録すら発表していない。報告書は基本的に立法に関係する人たちだけに提供されているというわけ。でも、機密文書ではないから、提供を受けた人が勝手に他の人に配ったり公開するのは自由。もちろん、入手できた報告書の目録を作るのも自由。国務省も、有用だと判断した報告書だけ独自に公開している。わたしの場合は、地元選出のアール・ブルーメナウアー下院議員(来年の選挙で上院選挙に出てくれー)の事務所に電話して送ってもらったものを、サイトで公開したのね。

第二の疑問、なぜ慰安婦問題についての報告書が(外交問題に関係あるのに)国務省サイトにないのか。一番簡単な答えを言うと、これが正規の報告書(レポート)より一段下のメモランダムという形式を取っているから。レポートには通し番号がついて、議会のイントラネットのデータベースに登録されるんだけど、メモランダムというのは通し番号が付かない。現に Japan Focus から入手できるやつには、付いてないでしょ? そのことは、去年きちんと説明しておけば良かったんだけど、どちらにしても「報告書」であることに違いはないし、まさか捏造じゃないかと言い出す人が出てくるとは思わなかったので詳しくは書かなかった。

Japan Focus から入手できるファイルだけど、間違いなく本物。わたしが別ルートで入手したものと全く同じだもの(と言っても、一字一句確認したわけじゃないけど)。産経新聞だってきちんと議会内のソース(いるよね?)から入手しているはずだと思うんだけど。

それからさ、Japan Focus が「反日サイト」だなんて、バッカじゃないの。

コメントを残す

コメントを残す