日本の保守勢力が群がる頼りない「親日」アメリカ人たち——「テキサス親父」トニー・マラーノとマイケル・ヨン

12/11/2014 - 11:31 am | このエントリーをブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク | Tweet This

以下は、『週刊金曜日』2014年12月5日号に掲載された記事「お粗末じゃないか“テキサス親父”」の元原稿です。この原稿を書いたとき、事情によりコンピュータにアクセスできず、iPadで文章を書いたのですが、普段使っている文書作成ソフトを使えなかったため文字数を確認できず、予定されていた文字数を大幅にオーバーしてしまいました。

その後、編集者の方と一緒に分量を削りに削って最終稿を仕上げたのですが、その際いつもより多めに編集者の方の手を借りてしまったので、100%自分の記事だとは言いづらい状態になってしまったので、今回は出版された原稿ではなく、元原稿(にあとから少し手を入れたもの)をここに公開します。「お粗末じゃないか〜」というタイトルも、短いスペースに工夫して編集者の方が考えてくださったものなのですが、自分のスタイルと少し違うので、ブログ公開版のタイトルは別につけさせていただきました。

*****

十一月二十一日、米国ホワイトハウスは、十三万人近い賛同をを集めた「グレンデール市の公園に設置された慰安婦像を撤去せよ」との請願に対し、シンプルな回答をウェブサイトに掲載した。「一般的に、公園における記念碑等の設置は連邦政府ではなく自治体の管轄です。地元の関係者に問い合わせてください。」

以前本誌(『週刊金曜日』2014年6月13日号)で報告したように、この像をめぐっては日本人保守勢力などによって「像の設置は自治体による連邦政府の外交権に対する侵害である」とする裁判が起こされており、その連邦政府自身が公式に「像の設置は自治体の問題」と明言したことは保守派にとっては打撃だが、回答自体はごく当たり前のものだ。とはいえ、昨年十二月に提起されて以来、ホワイトハウスへの署名活動は、ソーシャルメディアを通して保守派によって拡散され、運動動員の道具となってきた。

この署名を提起したのが、ここのところ日本の保守系メディアで注目を集めている「テキサス親父」こそトニー・マラーノ氏だ。いちおう肩書きは評論家となっているが、もともと動画サイトで自分の考えを発表していただけであり、米国の論壇での活動実績はない。それがいまでは日本の保守系メディアに複数の連載を持ち、たった一年の間にいくつもの著書をベストセラーに送り込む人気者となっている。いっぽう、保守系以外のメディアではほとんど相手にされることすらなく、影響力に比べてまともに扱われた試しがない。

マラーノ氏が日本のネットメディアで注目を集めたのは、署名をはじめる少し前のことだ。かれはグレンデールの慰安婦像を訪れ、落書きを描いた紙袋を慰安婦像の頭に被せた写真を撮り、ネットで公開した。紙袋を被せた理由は、『WiLL』(2014年9月号)に掲載された本人の弁によれば、慰安婦は容姿が醜かったと米軍の公文書に記載されているからだ、という。こうした挑発的な言動は、すぐに一部の保守派の喝采とともに多くの人の反発を呼び、その騒動がメディアに取り上げられる。そのタイミングを狙って署名活動ははじめられたのだ。

もともと過激な反捕鯨団体への批判をしていたことから日本の保守派に見出されたマラーノ氏の日本におけるエージェントとして契約を結び、テキサス親父日本事務所を運営する会社経営者・藤木俊一氏によると、マラーノ氏のこうした行動は、すべて藤木氏の指示によるものだという。「新しい歴史教科書をつくる会」会報(2014年3月号)に寄せた報告で、藤木氏は次のように説明する。

「資金も力も政府からのバックアップも無い中で、署名を完遂するには、まず合法的なやり方をもって韓国側に火を付け大炎上させて、それが日本に飛び火すると言うシナリオが必要でした。そこで考えたのが『写真一枚で韓国を大炎上させる作戦』だったのです。その作戦とは、グレンデール市にある慰安婦像に目鼻口をかいた紙袋を被せ、それを揶揄した写真をネットに拡散。…韓国世論が炎上すれば、日本でも話題になり10万筆の署名も夢ではないというものです。」

さらに十月には、マラーノ氏はグレンデール市議会に出席し、誰でも自由に数分間の発言が認められる制度を利用して、日本軍「慰安婦」とともに第二次大戦後に韓国政府によって「慰安婦」にされた女性たちのための碑も設置すべきだ、と発言した。そしてかれは、それを『アサヒ芸能』ウェブサイトの連載(2014年11月4日号)では「碑文の『性奴隷』という言葉は嘘」であり、韓国政府は米軍相手の「慰安婦」をドラム缶で輸送したのだから「ポンコツ像(慰安婦像のこと)の横にドラム缶像を建てるべき」と主張した、と誇張して宣伝したことで、ネトウヨと呼ばれるネット上の慰安婦否定論者たちからさらなる喝采を浴びた。

わたしは、かねてからこのマラーノ氏という奇妙なアメリカ人に興味を持っていたのだが、知人らとともに今年の夏に設立した団体、「脱植民地化を目指す日米フェミニストネットワーク(FeND)」のサイトフェイスブックページにマラーノ氏ほか藤木氏、山本優美子氏(なでしこアクション、元在特会)、目良浩一氏(慰安婦像裁判原告、歴史の真実を求める世界連合会)らそうそうたるメンバーが勢ぞろいした「『慰安婦の真実』国民運動」記者会見の写真を掲載し、「日本の『慰安婦』否定論の顔」というキャプションをつけたところ、マラーノ氏本人がコメントを寄せてきて、何度かやり取りすることができた。

Faces of CW Denialism

マラーノ氏の当初の言い分は、自分は「慰安婦」の存在を否定しているわけではないのだから、慰安婦否定論と呼ぶのは間違いだ、というものだった。しかし歴史否定論というのは、ある歴史的事象について重大な事実を否認することをさすので、この反論は当たらない。ナチスドイツによるホロコーストはあったけれども本来の目的は虐殺ではなく国外追放だったとか、ヒトラーらナチス幹部は虐殺を知らなかった、あるいは犠牲者の人数は数千人に過ぎなかったという論者たちも、ホロコーストの存在自体を丸ごと否認する論者たちと同じく「ホロコースト否定論者」と呼ばれるのと同じだ。

そう反論されると、こんどはわたしたちFeNDは「慰安婦」について一九四四年に米軍が作成した報告書について知らないのではないか、と言ってきた。マラーノ氏が慰安婦像に紙袋をかぶせる口実とした記述に加え、「慰安婦はただの売春婦に過ぎない」「彼女たちは比較的贅沢な暮らしをしていた」といった文面を含むこの報告書は、よく慰安婦否定論者によって選択的に引用されている。しかし全体をきちんと読めば、多くは未成年だった女性たちが騙されて連れてこられ借金を負わされて売春を強要されたことや、借金の返済とともに食料や生活必需品を慰安所経営者から高額で購入させられたため生活が苦しかったこと、慰安所の運営や規則、スケジュール、料金などを軍が直接管理していたことなどが明らかとなり、決して日本軍の責任を軽減させる内容ではない。

マラーノ氏はこうした反論に一切答えることができないばかりか、「自分が慰安婦像に紙袋を被せたと言った証拠はあるのか、名誉毀損だ」と非難を繰り返した。『WiLL』に掲載されたマラーノ氏の記事を直接引用しても、その内容を否定する始末。さらに、グレンデール市議会の記録動画を観る限り「性奴隷は嘘」「米軍相手の慰安婦」「ポンコツ像/ドラム缶像」などとは一切言っていないようだがどうして『アサヒ芸能』の記事ではそのような発言をしたと書いたのか、と聞いても、答えてくれなかった。こうまで支離滅裂だと、テキサス親父名義で発表されているコラムや著書を本当にかれ自身が書いているのかすら怪しくなってくる。

なお、マラーノ氏との議論の中、Shun Fergusonこと「テキサス親父日本事務局」の藤木氏も一度だけコメント欄に登場し、日本軍が騙しや誘拐による「慰安婦」の勧誘を抑止しようとした証拠の文書がある、と言ったが、それはもしかすると日本内地だけを対象とした一九三八年の陸軍副官の通達ですか、と聞いたところ、その後返事はなかった。マラーノ氏と違い、引き際をわきまえているらしい。

ここまで見てきて分かるように、マラーノ氏は評論家を名乗るほどの知識も見識もないただのテキサスのオヤジに過ぎないが、それでもかれの存在には注意する必要がある。それは、かれ自身がどうというのではなく、かれに続いて「日本の味方」を自称するアメリカ人「評論家」がこれからも出てきそうな雰囲気だからだ。というのも、本誌(『週刊金曜日』)十月三十一日号に掲載された山口智美氏の論考でも紹介されている通り、日本の保守勢力は、「慰安婦」問題の「主戦場は米国」を合言葉に、米国の研究者や政治家・メディア関係者に接触し、かれらに同調してくれるアメリカ人の同士を作ろうとしている。わたしが直接話を聞いた範囲でも、日本研究の専門家でかれらにアプローチされた人は何人もいる。

いま、そうしたポスト「テキサス親父」に一番近いのは、米軍出身のジャーナリスト、マイケル・ヨン氏だろう。かれはこの数ヶ月、世界中を周って一次資料を集め検証した結論として、「慰安婦」問題はまるまる虚偽であり、米国の同盟国である日韓を離反させるための中国など敵対勢力による詐欺的陰謀である、とまでソーシャルメディアで言い切っている。ここのところ『産経新聞』にも何度か登場しているから、お馴染みかもしれない。

米軍に極めて近い立場のヨン氏が、「慰安婦」問題による日韓の離反を懸念していることはよく分かる。しかし、だからといって「慰安婦」問題について「一部誤解されている」どころでなくまるっきりの虚偽だと言い出すのにはどういう背景があるのか気になっていたのだが、マラーノ氏とのやり取りの数日後、こんどはFeNDのフェイスブックのページにヨン氏が登場した。かれが持ち出した根拠は、やはり一九四四年の米軍報告書、そして八月に朝日新聞が吉田清治氏の記事を撤回したことだった。

せっかくの機会なので「あなたは世界中を飛び回り一次資料を収集したと言うのに、どうして日本で少なくとも二十年以上前から論じ尽くされた論点しか提示できないのか、あなた独自の取材で見つけた新事実なり、新たな論点がないのか」と聞いてみたが、「自分が事務所を置くタイでは慰安婦は問題になっていない」「慰安婦問題は米国の戦略を妨害しようとする工作だ」と言うばかり。いったいどこでどのような取材をして、どのように議論の深化に自分が貢献できると思っているのか分からないが、保守系メディアではもてはやされつつある。

誇り高き愛国者であるはずの保守派がこうした頼りない素人同然の「親日外国人」をこれほどまでありがたがる理由は理解しかねるが、かれらが米国の知識人(と呼べるのかどうかも怪しいが)の中でも例外中の例外であることは忘れてはいけない。これからも「米国の知識人が慰安婦問題を否定」といった記事が保守系メディアに掲載されるだろうが、それで「慰安婦」問題をめぐる国際的な論調が後退することはおそらくない。かれらに騙された日本の一部の読者たちが、世界から孤立していくだけだ。

13 Responses - “日本の保守勢力が群がる頼りない「親日」アメリカ人たち——「テキサス親父」トニー・マラーノとマイケル・ヨン”

  1. Toshimi Minoura Says:

    著名」な作家であるマイケル・ヨン氏がどのような人なのかと調べていましたら、次のようなことを書いた記事がありました。

    まず、軍務についたのは短期間で戦闘に参加したことはないのですが、酒場での喧嘩で人を殺したことがあるそうです。ですから、人の殺し方は知っているとのことです。

    アフガニスタンでは、いくつかの部隊から従軍を解かれ、もう別の部隊で従軍するためにアフガニスタンに帰ることは許されないはずだとのことです。これは、彼の記事が倫理規範に違反し、作戦の機密を侵すからということです。

    また、従軍が許されないと、どのような軍司令部でも激しく非難するということです。海軍では一回、陸軍では複数回、これが起きたとのことです。

    彼は戦闘に参加したこともないから、彼の戦闘についての記事は「糞だらけ(まったくの屑)」で、彼の記事をありがたがるのは「アホウ」だそうです。ようするに、彼は「素人将軍」ということです。

    ヨン氏 について次のような説明もありました。

    It is a well-known fact that Mike Yon’s military career was a debacle, a trainwreck, a sad, sorry spectacle that served as an object lesson (literally) about what can happen when you put paranoid, preening, narcissistic punks in positions that require judgment, maturity, responsibility and common sense.

    Some young punk got his beret and went off and got in a bar fight and punched some guy who hit his head on the ground and died. That punk was Mikey, and his short and embarrassing stint in SF was over before it even really began. What Lilyea show us is that Mikey was actually classified as Surplus for the last six months of his time.

    グリーン・ベレーの帽子をもらうやいなや酒場に行って喧嘩で人を殺したので、軍は、除隊までの6ヶ月のあいだは、ヨン氏を「余剰品」としたとのことです。

  2. Toshimi Minoura Says:

    マイケル・ヨン氏の記事の日本語訳(二カ国語)
    http://ameblo.jp/workingkent/entry-11958461771.html

    この記事はあまりにも事実誤認が多いので、誤りをいちいち指摘する気がしなかったのですが、一応書いておきます。

    > 第二次世界大戦中、大日本帝国陸軍が20万人もの韓国人女性を強制連行して、性奴隷(慰安婦)にした。

    現在は、韓国政府も韓国の挺対協も、あまり正しくないとおもわれる慰安婦碑・像の碑文でもここまではいっていません。

    韓国政府の公式見解は次の解説で知ることができます。

    http://www.hermuseum.go.kr/eng/sub01/sub010101.asp?s_top=1&s_left=1&s_deps=1

    > 慰安婦たちの主張を裏付ける証拠を求めて、米政府は3000万ドル(30億円超)の費用を掛けて調査を行った。

    この調査は、日本の戦争犯罪すべてですから、真珠湾攻撃(平和に対する罪?)、捕虜の虐待、731部隊なども含まれました。

    > 過去の公文書を徹底的に調査した

    調査の対象はは、主として新しく公開された公文書です。

    > IWGの最終報告書は2007年に米国議会に提出され、発表された。誰も、この報告書を最初から最後まで読むことなく、慰安婦問題について書いたり語ったりする資格を持っていない。

    この報告書には、どのような組織でだれが調査したかといったことが長々と書いてあり、最初から最後まで読むのは忍耐力がいります。さらに、読んだとして、慰安婦問題についての記述はすくないです。次の報告書には、当時は米国は慰安婦に興味は無く、まともな調査はしなかったと書いてあります。

    http://www.archives.gov/iwg/japanese-war-crimes/introductory-essays.pdf

    (つづく)

  3. Toshimi Minoura Says:

    > 韓国の大統領である朴槿惠は、日本が大勢の韓国人女性を強制連行したと何度もしつこく責め立てている。

    「強制連行」が「騙して連れて行く」とか「借金の方」を含むとすれば、これは正しいですが、「強制連行」が「権力・暴力で連行」となると、韓国政府の現在の公式見解にも反ししますので、そのようなことをいうわけはないです。「強制連行」の定義が前者とすると、韓国で「強制連行」はなかったといえませんので、日本側が困ります。

    > 彼の父親はその当時、日本軍の陸軍将校だったのだ。

    現在は、彼女の父親は糾弾されています。彼女も父親を擁護していません。

    > テキサス州の女性を20万人強制連行しようとしたら何が起きるだろうか。

    テキサス州でも、「日本で簡単な看護婦のような仕事がある、そして給与は現在の数倍」といって女性を募集すれば、集まると思います。集めた女性は、イラクかアフガニスタンに連れて行き慰安婦にします。

    > 日本は米国、オーストラリア、イギリス、中国、さらに連合国とも戦争している最中である。どう考えても手いっぱいのはずだ。

    太平洋戦争はアフガニスタンやイラクにおける継続的な戦闘とはちがいます。 それぞれの地域に米軍が反撃してくるまでは、戦闘はありませんでした。米軍の反撃が始まると、それぞれの地域の戦闘は短期間で終わりました。慰安所の開設は1932年に始まりました。太平洋戦争は1941年に始まりましたが、米軍の本格的な反攻は1943年からです。

    > 特に米国は海軍と海兵隊が進軍し、日本兵を見つけ次第どこであろうと攻撃していたのである。

    敵味方の兵力差、軍事上の重要性を考えないでやみくもに攻撃するのは馬鹿げています。こういうことをいうから、ヨン氏は「素人将軍 (Armchair General)」と批判されるです。たとえば、太平洋戦争の際、日本軍は台湾にも駐留していたのですが、米軍は日本本土の攻撃に必要がないということで台湾は素通りし沖縄を攻撃しました。沖縄を九州および東京を攻撃するための基地にするためです。

    > 彼女たちを監視し、移動させ、食べさせる目的に経営資源を費やす将軍がいるとすれば、どんな種類の馬鹿なんだろうか。

    日本軍の将軍が「どんな種類の馬鹿」であったか知りませんが、、慰安婦達を監視し、移動させ、食料の調達は軍がしました。それも、ほぼ全軍が。さらに、慰安婦が厚遇されていたとすればもっと「経営資源」がいりました。

    (つづく)

  4. Toshimi Minoura Says:

    > 米軍と連合軍の攻撃がのど元まで迫ってきているのに、日本軍の将軍たちが貴重な資源を女性の強制連行に費やすはずが無い。

    日本軍が慰安婦を利用しだしたのは1932年の上海事変の後からで、1941年に始まった太平洋戦争でも、米軍の本格的反攻は1943年ごろからです。フィリピンなどでは、米軍を追い出してから、日本軍部隊が現地女性を拉致し、昼は炊事や選択、夜は「特殊業務』につかせました。彼女たちは、正式な慰安婦ではありませんから、手当ても払われませんでした。

    > 軍人の中に多くのテキサス男が含まれていたとしたらどうなるだろうか。

    喜んで慰安婦を利用したとおもいます。に日本政府がつくった「特殊慰安施設」は米兵には人気がありました。

  5. もみじ Says:

    日本軍肯定有りきのアンフェアな姿勢に憤っているようですが所詮正義など多数派が力で押し切ろうとするパワーゲームなのではないですか?
    批判する資格が誰にあるというのでしょう?議論など形ばかりで結局は自分の価値観を押し付けたいだけなのです
    あなたは違うと言えますか?

  6. Toshimi Minoura Says:

    下記の英文は、テキサス親父の “Angouleme International Comic Festival altercation” と題する次のビデオの解説文ですが、文法上の誤りと不適切な表現が多数あります。

    https://www.youtube.com/watch?v=fiw3eMQD7ms

    This is the forty-first year (when) the Angouleme International Comic Festival was held in France. South Koreans have participated for the past ten years. This year the South Korean contribution to the Festival include(d) magna (mangas) bashing Japan over the Comfort Women issue.

    In response to this one-sided view of history (,) a group of Japanese citizens, (, not needed) and one Texans (Texan) reserved a booth at the Festival, (no comma + and) traveled to Angouleme, France to present in magna (manga) form another version on the issue.

    (つづく)

  7. Toshimi Minoura Says:

    A collaborator provocateur masquerading as one of the event organizers, slid into the Japanese booth (,) took down banners, and stole them (along) with some other printed material (s). Upon the Japanese and one (delete “one” and add “the”)Texan returning to the vandalized booth, (they) held a press conference. It was during this press conference (,) the provocateur and (delete “and” and add ,) possibly (a) thief (,) returned to disrupt (the) press conference. This video is of (delete “of”, add “on” or”about”) that disruption.

    テキサス親父も英作文はうまくないですが、これほどではないと思います。この文章は藤木俊一氏の書いたではないかとおもいます。

    (つづく)

  8. Toshimi Minoura Says:

    また、藤木俊一氏がテキサス親父の通訳をしたという記事がありました。

    http://blogos.com/article/92969/

    藤木俊一氏に通訳ができる英語力はないとおもいますので、彼のする通訳というのは、彼が日本語で書いた文章を英語に訳して、それをテキサス親父が話し、藤木俊一氏はもとの日本語にもとづいて話しているのだとおもいます。

  9. macska Says:

    Voiceの記事は、たぶんテキサス親父と雑談したうえで、それを藤木さんが自分の考えでまとめてインタビューの体裁にしたんじゃないですかね。たまにテキサス親父のコラムに日本語のオヤジギャグが紛れ込んでいて、「これ絶対テキサス親父が自分で言ってねーだろ」って思っています。

    下手な英語でメッセージ発信すること自体は、いいと思いますよ。間違いだらけでも意味はだいたいわかるし。だいたいはね。

  10. Toshimi Minoura Says:

    > 下手な英語でメッセージ発信すること自体は、いいと思いますよ。

    でも、藤木氏はテキサス親父の名前を使って誤りだらけの英文の解説まで書いています。もちろん、テキサス親父が客寄せパンダであることは分かっていましたが、英文の解説は彼が書いたとおもい、テキサス親父はできの悪い中学生並の英語しか書けないのかと思ったこともあります。しかし、記事によってはそれほどでもないものもありましたので、不思議に思っていました。

    記事の内容と英文の誤りの特徴から、Shun Ferguson 氏そして次のOUTSIDESOUND 氏も藤木氏だということがわかります。
    https://www.youtube.com/watch?v=UQM9haZIWNA
    OUTSIDESOUND
    This was happened a day before the opening of the festival. If there was anything which is against their regulation, they could have informed to us to correct it before the opening. Because this guy was corrupted by Korean Government, in order to return the favor to his master which is Korea, this guy forced to take the Japanese booth down to be a good dog of Korea

  11. とんちゃん Says:

    ヨン氏が「幸福の科学」の英語のインタビュー記事で、産経の記事と同じことを話しています。

    http://eng.the-liberty.com/2014/5641/

  12. H Says:

    >著名」な作家であるマイケル・ヨン氏がどのような人なのかと調べていましたら、次のようなことを書いた記事がありました。

    どこの記事か示していただけないでしょうか。
    でなければただのデマでしかありません。

  13. とんちゃん Says:

    >  どこの記事か示していただけないでしょうか。

    http://www.blackfive.net/main/2012/07/michael-yon-sold-as-surplus.html

コメントを残す

コメントを残す